上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
小説を読むことは、

想像力を養うのに最適な手段です。





テレビや映画、あるいは漫画だと、

すでにキャラクターの外観やその場の雰囲気が

決まった形で表現されています。



しかし小説の場合は基本的に文字だけなので、

キャラクターの外観や表情、主人公たちがどこにいるか、

その場所はどんな雰囲気か、そういったことが分かりません。



小説に記された文字だけを頼りに、

読み手はその小説の映像を、

頭の中で自分なりに想像しなければなりません。





この文字だけを頼りに映像をイメージすることが、

想像力を鍛えるのに役立ちます。



想像力を磨くとクリエイティブな能力が身に付くのはもちろん、

アイデアを出すための発想力も向上するので、

仕事や人間関係、私生活でも生活レベルが向上します。



とくに幼い子供や感受性の強い若い世代は、

小説を読むことで感性を磨くのがおすすめです。

想像力は物事を創造する力とも結びつきます。


2010.01.31 Sun l 読書の心得* l コメント (0) トラックバック (0) l top
読書は集中力を鍛えるのに、

とても有効な手段です。





本を読むときは本のページに視点を集中させ、

文字や漢字を読むという作業を行います。



一か所に視線を集中させることは、

心を落ち着かせるのに効果的で、

アスリートなども行っている方法です。





テレビなどの場合は、

娯楽を目的とした番組も多く、

文字を読むという作業なしで耳から自然に情報が流れてきます。



途中でCMが流れてくるのも、

集中力を鍛えるのに阻害となっています。





視線を本のページ集中させ、

文字を読むという作業を行うという点で、

読書は集中力を養うのに最適です。



無理に難しい本を読まなくても、

自分にとって好きだと思える本を読むことが大切。



趣味に関わる本はもちろん、

漫画などでも効果的でしょう。





集中力を鍛えたいという場合は、

まず自分が楽しめそうな本を

疲れない程度に読むことをおすすめします。


2010.01.21 Thu l 読書の心得* l コメント (0) トラックバック (0) l top


本には、執筆した人の知識やノウハウ、

長年の経験が多くまとめられている。





本を書こうと思えば、

かなりの専門的な知識とスキルが必要となる。



著者が数年、あるいは数十年かけて学んできたことを、

一冊の書籍にまとめているのである。





本を一冊読むだけなら1~2時間程度で済むので、

著者が何年もかけて身に付けたことを、

たった数時間という間で習得することも可能である。



読書は、学びに必要な時間を大幅に短縮でき、

書店で数百円~数千円で売られているので、

自己投資にかかる費用も決して高くない。



知識の習得や自己投資にかかる時間、および費用を節約するのに、

読書は非常に有効な手段と言える。





読む本のジャンルでおすすめなのが、

自己啓発や実用的な書籍であろう。



小説でも感性を養うのに効果的だが、

著者の身に付けた能力や知識をモノにしたいなら、

ノウハウが書かれた本、いわゆるハウツー本を読むのが良い。



数多くの本を読むことは、

自身の能力や知識を飛躍的に成長させ、

スキルアップという側面でも有利となる。 


2010.01.13 Wed l 読書の心得* l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。