上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
小説を読むことは、

想像力を養うのに最適な手段です。





テレビや映画、あるいは漫画だと、

すでにキャラクターの外観やその場の雰囲気が

決まった形で表現されています。



しかし小説の場合は基本的に文字だけなので、

キャラクターの外観や表情、主人公たちがどこにいるか、

その場所はどんな雰囲気か、そういったことが分かりません。



小説に記された文字だけを頼りに、

読み手はその小説の映像を、

頭の中で自分なりに想像しなければなりません。





この文字だけを頼りに映像をイメージすることが、

想像力を鍛えるのに役立ちます。



想像力を磨くとクリエイティブな能力が身に付くのはもちろん、

アイデアを出すための発想力も向上するので、

仕事や人間関係、私生活でも生活レベルが向上します。



とくに幼い子供や感受性の強い若い世代は、

小説を読むことで感性を磨くのがおすすめです。

想像力は物事を創造する力とも結びつきます。


2010.01.31 Sun l 読書の心得* l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://myloveryu.blog100.fc2.com/tb.php/22-de2fb898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。